第一印象

テストステロンの効果と増やし方!モテる男の魅力を引き出す

この記事は約7分で読めます。
「テストステロン」って聞いたことありますか?
モテる男はテストステロンがたくさん分泌されている、なんていう風にも言われる物質ですが、これは精巣(睾丸)で95%・副腎で5%が分泌されている男性ホルモンの一種です。
 
簡単に言えば、男らしくカッコいい外見を生み出すのがこのテストステロンの効果。だからモテるという言葉につながるのです。
  • 大した特徴も無いのに何故か職場でモテる男性。
  • 社交的な性格ではないのに女性からの評判が良い男性。
  • イケメンじゃ無いのに「なんか良いよね」とウワサされる男性。
こんな人は、もしかしたらテストステロンがほかの人よりも多く分泌されているのかもしれません。
テストステロンが人体に及ぼす効果、増やすことのメリット、そして分泌量を増やす方法などについてご紹介します。
 
 
 



 
 

 モテる男の必須成分!テストステロンとは?

冒頭にお伝えしたとおり、テストステロンとは精巣(睾丸)で95%・副腎で5%が分泌されている男性ホルモンの一種です。
思春期以降、第2次性徴期に身体が子どもから大人に変化していく段階でテストステロンは急激に分泌が増加します。その後は個人差も大きいですが、大体30代ごろから徐々に分泌量が減少していってしまいます。
 
テストステロンの主な作用は
  • 筋肉増大
  • 骨格の発達
  • ヒゲや体毛の成長促進
  • 性欲の亢進
  • 思春期以降の2次性徴による体の変化
などです。
 
男性の身体が、男性らしい特徴を持てるようになるにはこのテストステロンの働きが不可欠なのです。
 
 
 

テストステロンが減少するとどうなる?

 男らしさをつくるホルモンであるテストステロンが減少する原因としては
  • 年齢によるもの
  • 社会的責任の高まりによるストレス
  • その他精神的ストレスの影響
などが考えられます。
 
 
普通は30代頃から、年齢とともに少しずつ分泌量が減っていくものです。
しかし、突発的な出来事によりストレスを抱えてある日急に分泌量が減るということもあるそうです。
筋力の低下や、性欲・精力が減退など、テストステロンによって得られていた効果が無くなってしまうことはもちろん、病気につながるリスクも高まります。
 
 
たとえばリスクの高まる病気の一つに「更年期障害」があります。
女性特有の病気と思われがちかもしれませんが、男性もホルモンの減少によって発症するということが分かっています。
 
男性更年期障害(LOH症候群)の症状としては
  • 慢性的な疲労感
  • 体型の変化
  • 睡眠障害
  • 憂うつな気分
  • 性欲の低下
などがあります。
 
 
 
他にもテストステロンの分泌が少ない場合に発症リスクが増大する病気として
  • 2型糖尿病
  • メタボリック症候群
などが挙げられています。
分泌量のキープは見た目の男性っぽさだけではなく健康にも大きな影響があるのは間違いありません。
 
 
 
また、恋愛という観点から考えると
「不健康」な見た目の男性はよほど部分で長所がない限りモテません
 
 
病気の原因が日常的な食生活の乱れなどであれば、自己管理ができない人だと捉えられてしまうからです。
たとえ病名のつくようなレベルでなくとも
  • 職場で常に疲れた表情をしている
  • 不機嫌であることが態度に出ている
  • いつ見ても元気が無さそう
これらも「不健康な人」と見られがちです。
 
 
 
どんなに顔がイケメンだったり、洋服のセンスが良い人だったとしても
「不健康な人」だから一緒に楽しく過ごせるイメージができない。
これだけで恋愛対象外になってしまうのです。
 
 
 
何か健康に問題があっても、それをコントロールして改善する努力をしている人のほうが魅力的。
自己管理ができている人というのはそれだけで「しっかりしている」という評価に直結します。
 
 
テストステロンの分泌量を保ち、男らしさと健康を維持することはモテることにつながるのです。
 
 
 
しかし、年齢による症状というのはどうしても逆らえないところがあります。
テストステロンの分泌量が減少する30代以降。
ホルモンの減少を食い止めたり、一度減ってしまったものを再び増加させるためにはどうすればいいのでしょうか?
 
 

 
 

テストステロンを増やす方法

テストステロンの成分を含むサプリメントや、男性更年期障害(LOH症候群)の予防・治療などに使われる薬剤というものは存在します。なので、これらを使用して値をキープするのも一つの手段。
 
しかし、どんなにお金をつぎ込んでサプリ等を使ったとしても
それが体内できちんと役割を果たしてくれなければ意味がありません。
飲んでも効果が表れないまま体外へ流れ出てしまっては、もったいないですよね。
 
 
テストステロンがきちんと効果を発揮してくれる体にするためには何をすべきなのか?
健康的な体をつくれば良いのです。
 
 
 
場合によってはサプリなどを使わなくとも、健康的な体づくりをするだけでテストステロンの分泌量の減少が抑えられたり、増加させることができる場合もあります。
健康的な体の作り方について具体例をいくつかご紹介します。
 
 

適正体重のキープ

肥満度を示す体格指数BMI[BMI=体重kg÷(身長m)²]を参考に、まずは自分の適正体重を知ることが最初の一歩となります。
食べるとすぐ太ってしまう人もいれば、なかなか肉が付きにくく食べても食べても増えないという人もいるでしょう。自分の体質に合わせて、以下の他の例も参考にして健康的な体重を維持しましょう。
 
 
 

適度な筋トレ

テストステロンの効果の一つに、筋肉の増大があります。
継続的に一定量のテストステロンを分泌させ続けるためにも、無理のない適度な筋トレは効果的です。
 
筋トレをする際は「表と裏の筋肉の両方を意識すること」が重要です。
たとえば腹筋だけ行い背筋をおろそかにすると、猫背が悪化してしまったりするのです。
腹筋を10回するなら、背筋も10回行うというように、表と裏をバランスよく鍛えるようにしましょう。
 
また、無理に負荷をかけて筋肉痛になり、三日坊主になってしまうというのも残念なパターンです。
程度の軽い筋トレメニューを、毎日きちんと欠かさず行うようにしましょう。
 
 
 

良質な睡眠

生活サイクルや睡眠時間の長さは、人によって異なりますので無理に今までの生活を変えようとするのは控えましょう。
それより意識すべきなのは「睡眠の質」を向上させることです。
寝る2時間前までに食事は済ませておく。
寝る直前にスマホやPCなどを見ない。
ぐっすり眠るぞと心で思ってから眠る。
 
睡眠の質を上げる方法は他にもたくさん存在します。
いろいろ試してみて自分が最も実行しやすく、快適に眠ることができる方法を見つけるところから始めましょう。
 
 
 

栄養をバランスよく摂取する

毎日の食事を常にバランスの良いものにしようと思うと、なかなか大変です。
なので、前後3日間でなんとなくいい感じにバランスをとる、というイメージでOK。
 
例えば今日が肉と炭水化物ばかりだったなら、野菜は明日食べればいいのです。
食べ物でバランスを取りづらければ、ビタミン剤などのサプリメントに頼るのも良いでしょう。
極端に何かの摂取量が多すぎる食事にならないように、少し意識すればいいだけです。
 
外で食事をするなら、必ずサラダをつけるようにする。
コンビニ飯が多い人は、おにぎり等のメインをいつもより少なめにする代わりに小さいサラダとサラダチキンを買う。
家で自炊を頑張る人におすすめなのはスープ類です。
野菜をざく切りにして煮込み、コンソメ味・鶏がら味・和風だしなど好きな味付けをするだけ。
大量に作りすぎて味に飽きたらトマトを追加すると風味が変わり美味しく食べることができます。
 
 
 

タバコ・アルコールを減らす

完全な禁煙・禁酒は逆にストレスになってしまう可能性もあるため、急にすべて禁止してしまうのは避けてほんの少し量を減らす程度にしましょう。
目的は
・血液の巡りを良くして体全体に栄養が行き届くようにすること
・鈍った味覚をもとに戻し、美味しく食事ができるようにすること
など。
 
栄養に気を遣った食事をする努力の結果を、確実に健康へと反映させるために行うというイメージです。
 
 
 

ストレスをためず、継続的な努力を無理せず行う

最も大事なのが「継続」です。
筋トレ、睡眠、食事管理、禁煙禁酒をすべて同時に開始しても、よほど意思が強くストイックな性格でない限りは続けるのは難しいはずです。
 
なので、自分の現在の生活に取り入れても継続できるレベルから始めるのが最も大事なポイントです。
目標はまず1週間、次に2週間、次は1か月。
 
少しずつ前進し、テストステロンの安定した分泌量と男らしい身体づくりを目指しましょう。
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました