男の恋愛コラム

男の婚活疲れ5選、真剣に出会いを求めるためのストレス対処法

この記事は約7分で読めます。

本気で婚活をしている人ほど、知らぬ間に「婚活疲れ」に陥ってしまう人がいます。

積極的に活動すればするほどエネルギーが必要になるのはもちろんですが、意外なところでストレスを感じ、モチベーションが下がってしまう男性もいるようです。

どんなきっかけで婚活疲れをしてしまうのか、5つご紹介します。

 

 

実は「情けない」と思いながら婚活をしている

  • 婚活をしている自分が、周りからどんな目で見られるかが気になってしまう。
  • 婚活はモテない人が結婚相手を探すための最終手段だと思い込んでいる。
  • どうせ成功するのはハイスペックな男だけだろう?と、良いパートナーと巡り合うことに諦めを感じている。
  • 婚期を逃してしまった残念な女しかいないと思っている。

婚活をすることは恥ずかしいことで、婚活をしないと結婚相手を見つけられない自分はとても情けない人間だと思い込んでしまう。
そんな気持ちのまま婚活をしても、疲れてしまいますよね。

本来であれば、幸せな未来を手に入れるためにするはずのものである「パートナー探し」に期待が持てないというのも、ストレスの要因となっているのかもしれません。

でも、実は普通に20代半ばの女性も登録している婚活サイトはあります。女性が結婚を意識し始めるのは20代後半からが最も多いので、今期真っ只中で相手探しをしている方も一定数いらっしゃいます。

「条件については最低限のことだけクリアしていればOK、共通の趣味を楽しめる人をパートナーにしたい!」と、性格や趣味を重視してパートナーを探している人もいます。

有利と思われるハイスペック男性も、女性から「そのプロフィールに書いてあることは本当なの?」と怪しまれたり、仕事一筋で生きてきたせいで女性とのコミュニケーションが非常に苦手だという人もいるでしょう。

  • 妥協した結婚をしたくない。
  • ちゃんと幸せな結婚がしたい。
  • 自分の人生の選択を、間違いたくない。

そんな思いで、真剣に婚活に取り組んでいる人がたくさんいます。

だから婚活関連のサービスというのはここまで大きく発達してきたわけですし、イベントにも人数がきちんと集まるのです。ブームなだけではありません、みんなが真剣だから人が集まっているのです。

婚活をすることは決して情けないことではありません。
真剣に自分の人生と向き合いながら、努力を積み重ねて行うのが一番です。

 

 

交際を断られたり、うまくいかないことが続く

婚活では、たくさんの出会いがあります。
それは同時に同数だけ別れの可能性を含んでいるということ。

 

「プロフィールを見た時点では良いなと思ったけれど、実際に会って話してみたらなんだかフィーリングが合わず好感が持てず2度目のデートの約束には至らなかった。」

婚活をしている人であれば、必ず経験をする出来事です。

プロフィールを見ただけの2人が一発で互いに惚れて、そのままゴールインなんていうことはめったにありません。
何人かと交流していく中で最も仲良くなれた人、一緒にいて居心地がいいなと思えた人と最終的には結ばれるというのが通常。

しかし、それをわかっていてもやっぱり、

  • 何人も連続で断られてしまうこと
  • デートがうまくいかないこと
  • うまくコミュニケーションが取れず途絶えてしまうこと

これらは、精神的なダメージにつながってしまうのです。

真剣に向き合い、ある程度の時間とお金をかけて互いの情報交換をしたうえで「今回はナシで。」という風になってしまうのですから、ダメージを受けるのも当然のことです。

真面目で不器用な人ほど、このストレスは抱えやすいかもしれません。

 

 

時間もお金も書けたのに、ピンとくる出会いがない

婚活に対するモチベーションはある。
積極的に行動もしていて、食事やデートへ何度も行った。

しかし、時間とお金をかけてもなお「いい出会い」が巡ってこないまま、気づけば婚活開始から、丸1年…。
本気で頑張ったからこそ、つらいという人。

もしかして、
「運命の出会い」
「脳がピピピっと反応する瞬間」
「世界が急に華やかになるタイミング」
を、待ち望んでいませんか?

恋愛を楽しみたいというエネルギッシュな気持ちや、そこからあふれるエネルギーを婚活につなげられているのであればそれは非常に良いことです。
運命的なひとめぼれも、可能性が無いわけではありません。

しかし、キラキラした運命的な恋に憧れるのは
婚活が成功しない男性に非常に多いパターンなのです。
なぜなら、「現実」から目を背けているから。

婚活に成功する人の共通点は
「真摯に現実と向き合うことができる」という点です。

夢や理想を描き、積極的に出会いを探し求め
数え切れないほどたくさんの女性とデートをした経験のある人よりも

  • 結婚したらどんな結婚生活を営むことになるのか?
  • 将来設計はどんな形になるのか?
  • 価値観の合う人か?ともに生活しても居心地が良いか?
  • 互いに寄り添って、協力し合って過ごせるか?

など、相手との将来性をきちんと現実的に見定めながら、出会った一人ひとりとの出会いを大切にして婚活を丁寧に進めている人のほうが婚活では成功します。

 

たとえ「ピピピっ」と脳が反応しなくても
とにかく目の前にいる女性と仲良くなれるよう、焦らず時間をかけてコミュニケーションを取ってみてください。

ゆっくり距離を縮めていくうちに相手の良いところ、素敵だと思えるところがたくさん見えていき、ある日デートで「この人と結婚したい!」と思えるタイミングが来るかもしれません。

婚活をしていなければ無かったはずの「運命的な」出会いなのです。1つ1つの出会いを、大切にしましょう。

 

 

「婚活をしなければならない」と思ってしまっている

一度婚活を始めてしまうと時間が経つにつれて

  • これだけ努力をしているんだから、きっと素敵な出会いがあるはず
  • 結果を出すまでは引き下がれない

という考えが強まっていき、引き返せなくなってしまう人もいるようです。

せっかく時間とお金をかけたのに、いい結果が得られないのは悔しいですよね。

しかし義務感を背負った婚活になってしまうと、時間をかけて出会った人と仲良くなっていこうという考えよりも、いい条件の人を見つけたら早く成功まで持っていきたいという考えのほうが強くなってしまいます。

もちろん「条件」で相手を選ぶのも、間違った方法ではありません。

でもそれだけで相手を選んだら果たして3年後、5年後、10年後の2人は円満な夫婦生活を営めるのでしょうか?
せっかくの結婚生活がどんどんつまらないものになってしまうのは、誰だって避けたいことなのではないでしょうか。

 

うまくいかない時は
「婚活の方法を変える」
「1か月、婚活を休んでみる」
というのも一つの手段です。

 

 

理想と現実の差

イメージしていた婚活と、実際にやってみた婚活の差が激しいと、
「思っていたのと違う」というストレスが生じます。

  • 出会いが思っていたよりも少なく、チャンスが掴めない。
  • 出会いはあるけれど自分が求めている条件に合う女性がみつからない。

もしも、なんだかイメージしていた婚活と違ったり、
「この方法の婚活は、うまくいかない気がする」
と感じて締まった場合は、婚活の方法を見直してみましょう

婚活の方法には

  • 結婚相談所を利用
  • 婚活マッチングサイトへ登録
  • 婚活イベントに参加

などがあり、各サービスごとに利用ユーザーが異なっていたりもします。

婚活をする方法・場所を変えてみることによって、今までは出会えなかったタイプの方と出会うことができるようになったり、自分が無理なく快適に利用できるサービスを見つけることができるかもしれません。

婚活がうまくいかない理由や、婚活疲れをしてしまう理由は人によって様々です。
その中でも最も多いのが
「自分に合うサービスを利用できていない」というものです。

  • 安い月額料金で、豊富なサービスを取り揃えたマッチングサイト
  • 周りの人に内緒で婚活診断が受けられる無料サービス
  • 契約するつもりが無くても、婚活のプロに約1時間無料相談ができる結婚相談所

今まで利用したことのないサービスがあれば、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました