LINEにも応用可!婚活プロフィール写真撮り方・危険なサイトの見分け方

Pocket

婚活・恋活マッチングサイトで活動をするなら、誰だって「たくさんの出会いの中から、話していて楽しい人・相性が良いと思える人を探したい」と考えますよね。

しかし、どんなに自分からアプローチをしてもマッチングが成立しなければ意味がありません。しっかりと自分の良さをアピールしないとなかなか良い出会いには巡り合えません。

そこで重要になるのが「プロフィール写真」です。

ここでは

  • 「初心者向け!いいねが貰えるプロフィール写真の撮り方・テクニック」
  • 「写真を載せる危険性と、危険を回避する方法」

について、LINEなどのSNSアイコンにも応用できるテクニックをご紹介します。

 

 

 

写真はプロフの中で最も重要

マッチングサイトでお相手を探す時、ほとんどの場合はサービス内の検索機能に希望条件を入力し、検索結果の中から気になる人を探していきます。

いいね!をもらってマッチングをするためには

  1. 検索結果に表示される
  2. その中から選んでもらう
  3. プロフィールを読んでもらう

というステップを踏まなければなりません。このステップの中で差が出るのは、検索結果の中から選んでもらえるかどうかというところです。

検索結果の画面には、少しの情報しか表示されません。たとえば上の画像は婚活サイトyoubrideと恋活・婚活マッチングサイトpairsの検索画面の例ですが、どちらも見ることができるのはたったの4項目。
この少ない情報だけで、「この人のプロフィールを見に行くか?」を判断されてしまうのです。

どのようなポイントを押さえれば、検索のあとプロフィールに進んでもらうことができるのか?何を工夫すればいいね!をもらうことができるのか?について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

<参考> 婚活成功のポイント・やるべきこと一覧表

※ピンクの部分がこの記事の扱っているところです。

   相手が見る情報 成功のポイント   やるべきこと
(1)
出会い

・プロフ写真
・年齢
・住まい
・職業

 『清潔感・誠実さ』という印象につながるプロフ写真をメイン画像に設定する。 服装、髪型、撮影場所などの小さなポイントにこだわって、工夫する 。
(2)
判断 

・プロフ詳細
・自己紹介文
・サブ画像

 ポジティブなイメージを思い浮かべてもらえるような、具体的な自己紹介文をつくる。 書き方、内容、読みやすさを丁寧に考えてプロフィールを作りこむ。
(3)
行動

「話してみたい!」

いいね!を押す/メッセージを送るなどの行動につなげる。

(4)
会話
・メッセージの内容
・口調
・雰囲気
連絡先を交換したい!デートをしたい!と思ってもらえるようなコミュニケーションにする。
・共感して盛り上がる
・ポジティブな印象を与える
コミュニケーションの取り方を工夫する。
・話題の選び方
・傾聴力を使った話の聴き方
・反応の返し方
(5)デートの約束や連絡先の交換をする。

何度かのデートを経て、お付き合いスタート!

 

 

顔写真の掲載は、危険ではないのか?

ネットの情報は信頼できない。嘘がたくさんあるのではないか?
安心した出会いを、本当にネットに期待して良いの?

 

婚活サイト上では、名前は実名ではなくあだ名やイニシャルを用いたり、本人が自由に入力したプロフィールから情報を得ることになります。その中に嘘が紛れ込んでいたら、安心・安全な婚活をすることはできませんよね。

そこで、知っておいてほしいことがあります。きちんとしたサイトなら必ず以下のような対策をとっています

 

安全なサイトの特徴

  • 登録後、本格的に活動する前に「本人確認・年齢確認の書類提出」を義務づけ
  • 利用規約・プライバシーポリシーの記載がしっかりしている
  • プライバシーマークを取得している
  • TRUSTeの認証を受けている

しっかりとしたサイトであれば、上記のようなセキュリティ対策についての記載がサイトのどこかに書いてあります。

また、運転免許証や保険証などの書類の提出を義務付けて、登録されている情報との間に矛盾がないか確認するなど、ユーザーに正しい情報を掲載させる仕組みづくりを行っているところも多いです。どのような個人情報の管理を行っているのか確認してから、登録や写真のアップロードを行いましょう。

 

安全なサイト・セキュリティ対策の整ったサイトを知りたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

それでも写真を載せるのに抵抗があるなら

婚活サイトの中には、写真掲載を必ずしなければならないサイトと、そうでないサイトがあります。「どんなに安心・安全だと言われても不安だから、写真だけは載せたくない」という人は、写真掲載義務のあるサイトは避け、掲載をしなくても利用のできるサービスに登録しましょう。

また、サービスによっては写真掲載率がとても低いサイトもあります。そのように自分でも活動しやすそうなサイトを選び、写真以外の部分(プロフィールの自己紹介文など)を充実させれば問題なく活動できるはずです。

 

 

出会いに最適な写真の選び方

さて、ここからは具体的にどのような写真を選べばいいのか?という点について詳しくお伝えしていきます。

恋活・婚活サイトに掲載する写真は大きな判断材料となるため、なるべく良い写真を載せたいと考えるのが普通です。しかし、選び方を間違えてしまうと自分から危険を呼び寄せてしまう場合もあります。

 

何かが特定できるような写真は避けましょう

たとえば以下のような写真は、誰でも自由に見れてしまうようなプロフィール画像のところに載せるのは避けるようにしましょう。

  • 背景から住所が特定できる
  • よく行く場所、過ごす場所が特定できる
  • 所属している会社やグループ等の名前が写り込んでいる
  • 実名がわかる

メッセージ交換などをある程度したあと、この人なら信頼しても大丈夫と思えたら住所が特定されてしまうような画像をその相手にだけ見せるのはもちろんOKです。

写真の公開範囲を意識した写真選びをすることが、安全対策となります。

 

暗い写真・ピンボケ写真は避ける

プロフィールのメイン画像には、明るい場所で撮影した、顔がはっきりと写っている写真を選びましょう。

逆に、以下のような写真は避けてください。

  • 暗い場所で撮影しており、表情がよくわからない
  • ピントが合っておらず、全体がぼやけて見える
  • 画質がものすごく荒くて見にくい

 

サブの写真(プロフィールのメイン画像ではない写真)についても、同じような条件がそろっていることが望ましいですが、顔が必ず写っていなければならない等のルールが無ければ基本的にはどんな写真でも見やすければOKです。

見にくい写真というのは「こんな写真しか無かったの?」という悪い印象につながってしまいます。写真1枚で印象が悪くなってしまうくらいなら掲載しないほうが良いと考えましょう。

 

簡単にステキな婚活プロフ写真を撮る方法

いいね!をもらいやすい人写真には、共通点があります。「清潔感・明るさ・話しやすさ・安心感」などのポジティブなイメージが、メイン画像から伝わるという点です。

では、このような写真を撮るにはどうすればいいのか?気を付けるべきポイントは5つ。

  1. 【撮影場所】明るい場所・シンプルな背景
  2. 【服装】オフィスカジュアル
  3. 【髪型と顔】清潔感を出す
  4. 【表情】笑い過ぎが丁度いい
  5. 【ポーズと角度】斜め上から

撮影準備をする時にほんの少し簡単な工夫をするだけで、写真の見た目が劇的に良くなります。

 

【撮影場所】明るい場所・シンプルな背景

最も重要なのは場所選びです。

  • 背景がぐちゃぐちゃしていない
  • 逆光にならない
  • 全体的に明るい

室内であれば、「背景がシンプルな場所」を探して撮影しましょう。広めの壁や、ドアの前でも良いかもしれません。普通の部屋の光だと明るさが足りないので、晴れた日にカーテンを開けて、窓の外からの光も利用すると綺麗に撮ることができます。

屋外でおすすめなのは広い公園など、背景に自然が見えるような場所。花や噴水などがあっても良いかもしれません。建物を背景にするのも良いですが、ゴチャゴチャして見えてしまわないかどうかだけ気を付けましょう。

曇り空だとあまり良い写真は取れないので、晴れた日を狙って写真を撮りに行くのがベストです。

 

【服装】オフィスカジュアル

プロフィールのメイン画像は、スーツほどキッチリした服装である必要はありません。しかし、明らかに「いつもの私服」といった雰囲気のくだけた服装も良い印象にはつながりません。

襟付きシャツまたは少しオシャレなTシャツに、シンプルなジャケットを羽織るくらいの、いわゆる「オフィスカジュアル」というのを目指してコーディネートしてみましょう。
下半身まで写る場合は、靴や靴下の色まで気を配っておくと安心です。

 

撮影直前には、シワやホコリがついていないか洋服を確認しましょう。
ペットを飼っている人は毛が付着していないかどうか要注意。外で撮影する場合は、携帯用の衣類クリーナーを一緒に持っていると便利です。ジャケットなどは、撮影の前日からきちんとハンガーにかけてシワを伸ばしておくようにしましょう。シワ・ホコリがあると「清潔感」の観点で大きなマイナス評価を受けてしまいます。

 

サブ画像で「趣味のスポーツを楽しんでいるところ」等を撮る場合は、そのシーンに合わせて運動ウェアを着るのもOKです。自分らしさや、どんな雰囲気の人なのかが伝わればいいのでメイン画像ほど「清潔感」「好印象」というのを気にしなくても大丈夫です。

 

【髪型と顔】清潔感を出す

髪型は、服装に合わせてさわやかな印象になるような形にしましょう。
美容院で「今日は友人の結婚式に顔を出すから、髪を切ったあとセットしてほしい」などとお願いすれば、プロフィール画像に適したカッコいいヘアセットをしてもらえるかもしれません。

 

顔については「清潔感があり、話しやすいイメージを持たせる顔」をつくりましょう

そのためにはスキンケアに取り組むことをオススメします。撮影直前に以下の3点をおさえるだけでも、肌が明るく見えるようになり、印象がグッと良くなります。

  • 髭を剃る
  • 頬や目のまわりの産毛を剃る
  • 保湿をしっかりと行う

 

肌荒れでお悩みなのであれば、一度皮膚科に行ってみるのも良いでしょう。傷跡の修復効果・乾燥肌による炎症を抑える効果などがあるという宣伝文句で販売している市販の化粧水、ローション、クリームを利用するのもオススメです。

地肌があまりキレイじゃなくとも、撮影前に薄くクリームを塗っておくだけでも肌荒れを誤魔化すことができます。地肌のままでは不安であるという方は試してみてください。

 

それでも隠し切れない!肌荒れが気になる!
という方は、BBクリーム・CCクリームを使ってみるのもアリです。

女性向けの商品だと、どうしても肌の色と合わない場合も多いので【メンズ専用 NULLBBクリーム】 など、男性向けの商品を利用するのがオススメです。

 

【表情】笑いすぎが丁度いい

写真を撮っているその時は笑顔のつもりでも、いざ撮られた写真を見ると微笑んでいる程度にしか口角が上がっていないという人がとても多くいます。

笑顔の写真を撮りたいときは、撮る直前に思いっきり「あ・い・う・え・お」と口を大きく動かしたり、マッサージして表情筋をほぐしましょう。そうすることで、いざ撮影するときに自然な笑顔をつくることができます。

 

真顔がダメというわけではないですが、初対面の人から見て怒っているように見えるようであればNG。優しい顔をしている写真のほうがモテます。「真顔」ではなく「少し笑っているくらいの顔」「全力で楽しそうな顔」の写真をメインに設定するのがオススメです。

 

【ポーズと角度】斜め上から

目線より下の角度から撮影をすると、たいていの場合目つきが悪くなります。カメラは目線より高い位置にセットするようにしましょう。また、顔を真正面から撮るよりも少し角度をつけて撮影したほうが顔の立体感が出て表情も伝わりやすくなります。

優しい笑顔のそのままの雰囲気を、1枚の写真に収めるためにも「斜め上」から撮影するのが良いでしょう。

人によって、どれくらい角度をつけたら綺麗に映るかは異なります。ちょっと大変ですが、いろいろな角度から撮影をして最も自分の顔がきれいに見えるところを見つけられれば、その後も写真撮影をするときに活かせるので是非とも挑戦してみてください。

 

上級者向けテクニック!もっと顔に自信を持つには?

まだまだ写真の出来栄えに納得できず、もっとレベルの高い写真を目指したい!という人に向けて細かなテクニックをご紹介していきます。

 

最低100枚は撮影する

写真の見栄えは、ほんの少し角度や光、表情が異なるだけで印象が劇的に変わります。

なるべくいい写真を撮りたい!と意気込むのなら、「気合を入れて5枚撮影する」ではなく、「あまり気負わずに様々な角度から50枚くらい撮って、その中から選ぶ」のほうが良い写真を撮れる確率は高くなります

  • 腕を伸ばした範囲でまずはとにかくたくさん撮る
  • 自撮り棒やセルフタイマーを使って、距離のあるところからも撮る
  • 照明・太陽の位置を確認しながらいろいろな方向で撮る
  • 右手・左手、両方で撮る

1つの方法につき25枚ずつ撮って見ればあっという間に100枚です。たくさん撮ったデータの中からピンボケしているものなどをどんどん消していって、最もよく撮れている数枚を厳選しましょう。

 

メガネ・コンタクト両方で試す

顔の周辺に身に着けているものは、その人のイメージをとても大きく変化させます。

  • メガネ・コンタクト、両方で撮る
  • メガネはおしゃれ用・普段用、両方で撮る
  • その他、首や耳等のアクセサリーをつける場合は、外した状態でも撮る

もし周りの人から「メガネのほうが良いですね」などと言われた経験があるなら、そのような意見も参考にしてどちらにするか決めましょう。

 

第三者に撮影をお願いする

自分で撮影をすると、どうしても撮る瞬間は映像を見ることができません。またアングルも限られてしまうため、上手に撮らないと「これは自撮りだ」というのがバレてしまいます。

なので、友人・知人の誰かにお願いをして撮影してもらうと良いでしょう。

しかし、ダイレクトに婚活用プロフィール写真であると言って撮影してもらうのはなかなか抵抗があるという人もいるかと思います。その場合は、たとえば「LINEのプロフィールのアイコン画像用に、写真を撮ってほしい」などと伝えるとスムーズです。

 

動画を撮影し、キャプチャをとる

第三者に撮影を頼めないという人におすすめなのが、動画撮影です。

動画をそのまま使用するのではなく、動画の中で自分が最もカッコよく映っている瞬間を、画像で保存し、そのままプロフィール写真に使ってしまおうという作戦です。

1本の動画を撮る中で様々な角度や表情、ポーズを試すことができるのに加えて、じっくりと時間をかけてどの瞬間が一番良いかを探していくことができるのでとても便利です。

 

眉毛の形を整える

眉というのは、顔の表情を決める一番大きな要素です。これがボサボサで手入れのできていない状態だと、服装や髪型でいくら努力をしても非常にだらしない印象につながってしまいます。

では、どう整えればいいのか。
とても簡単な3つの手順で、自分で整えることができます。

 

手順①眉毛用のハサミ・コーム、かみそりを準備。

準備するものは以下の3点。

  • 眉毛用ハサミ
  • 眉毛用コーム
  • 細かいところが剃れるタイプのかみそり

以下のような眉毛のお手入れセットなどを持っている方は、その中におそらく眉毛用の、先が少しカーブしているハサミと、小さいコームがあるはずです。それを使用してください。

 

それを持っていないという方には、眉用のコーム付きハサミがとても便利なのでオススメです。薬局にもよく置いてあるので探してみましょう。眉毛の手入れに慣れていない人でも、切り過ぎることなく良い具合に毛を残してカットすることができるので失敗しません。

 

かみそりは、顔用の電動のものでも良いし、シンプルなかみそりでも大丈夫です。細かいところを少しずつ剃れるものを選びましょう。ちなみにT字カミソリだと、細かいところを少しずつ剃ることができないので失敗する可能性が高いです。

 

 

手順②眉毛用のハサミ・コームで、長すぎる毛をカットする。

コームをあてて、飛び出している部分をハサミでカットしていきます。コームの厚み分、毛が残るので、きちんとコームをあててカットしていけば短くしすぎてしまう心配はありません。

全体的に長さを整えていきましょう。

 

手順③かみそりで周りのいらない部分を剃っていく。

剃る部分は大きく分けて3か所。

  • 眉間(みどり)
  • 眉毛の上ライン(青・ピンク)
  • 眉毛の下ライン(青・ピンク)

失敗しないポイントは、先にどこを剃るのかきちんと決めてからやり始めることです。やりながら考えていくと、どんどん剃ってしまっていつの間にかすごく細くなってしまう等の失敗が考えられます。

男性の場合、太くてまっすぐなラインの眉をイメージしましょう。

 

保湿で肌荒れをなくす

肌のガサガサが気になる人、吹き出物がたくさんあって肌荒れが酷い人は、まずはしっかりと保湿をして乾燥を防ぐ努力をしましょう。「そんなのは化粧をする女性がすることだ」なんて言っていたら、そのガサガサ肌はずっと治らず、年齢が上がっていくごとにシワの原因になっていきます。

朝の洗顔後と、お風呂上りに顔にクリームを塗る生活を1か月続けるだけでも、肌の状態は劇的に改善します。クリームの種類は自分の肌の状態に合わせて変えましょう。

 

まとめ

良いプロフィール写真のために、考えるべきことは2つ。

  1.  『清潔感・誠実さ』という印象につながるプロフ写真をメイン画像に設定する。
  2. 装、髪型、撮影場所などの小さなポイントにこだわって、工夫する 。

婚活用のプロフィール写真を撮るというだけでも、たくさん工夫の余地があります。すべてを実行して、それでもなお良い写真が撮れないという人はなかなか居ないはずです。そして、この記事で紹介したのは、努力次第で実行できるものばかりです。

 

やるかやらないかは、あなたの気持ち次第。

  • いいね!を多くの人からもらって、活発な婚活をしたい
  • 顔の印象を良くすることで、きちんとプロフィールまで読んでもらいたい

プロフィール写真は、婚活のステップのなかで言うと入口の部分です。メラビアンの法則からも「人は見た目が9割」という言葉が生まれるほど、見た目の印象というのは多大な影響力があります。

 

「不細工だから」とあきらめてしまうのは、自ら「自分は良い出会いに巡り合えなくてもいい」と道を閉ざしてしまうのと同じことです。

  • 肌の状態を整え、眉毛をきれいにする
  • 清潔感のある服装・髪型で写真撮影をする
  • いろんな角度で撮ってみる

これくらい、やろうと思えば誰だってできるはずです。成功したいと願うなら、今すぐその想いを行動に移しましょう!

 

参考

プライバシーマーク制度(https://privacymark.jp/
TRUSTeマーク(https://www.truste.or.jp/

 

Pocket

おすすめ婚活サイトランキング

30代・40代男性におすすめの婚活サイトを徹底調査!
料金・ユーザー層・システムの安全性などを総合的に評価し、いま最も注目度の高いサイトを厳選しました。