ブライダルネット

【活動マニュアル】ブライダルネットを徹底的に使いこなす方法まとめ

この記事は約12分で読めます。

インターネットで出会った相手とお付き合いし、結婚する人というのも当たり前の時代となりました。

結婚相談所や婚活パーティなど、出会いの場を提供するサービスというのは沢山あります。その中でも今の時代、特に注目しておきたいのが「婚活サイト」の存在です。

ただの出会い系ではありません。
婚活サイトは『本気で結婚をしたいと望んでいる人が、真面目な婚活をするための場所』です。

 

今回は、その中でもは、大手結婚相談所や婚活イベントなどを幅広く出会いに関わる運営する株式会社IBJが展開している、登録無料の婚活サイトブライダルネットについて解説していきます。

「結婚につながる恋をしよう。」をキャッチフレーズに恋愛と結婚をまじめに考える王道婚活サイトであり、信頼度・実績ともに高く評価されています。

 

ブライダルネット公式HPはコチラ

https://www.bridalnet.co.jp/

 

スポンサーリンク

 

ブライダルネット基本情報

 運営会社  株式会社IBJ
会員数   非公開
カップル成立数  2018年3月:10,162人
利用年齢層   20代後半~40代
最も人数割合が多いのは、女性30代前半、男性40代以上。
異性紹介事業届出番号 30090228000

株式会社IBJは直営の結婚相談所事業や、結婚相談所の連盟事業なども行っている東証一部上場企業です。日本で最初のインターネット結婚情報サービスとして2000年に誕生しました。

登録会員数は非公開となっていますが、カップル成立数が月に1万~1万5千件とかなり多いので、出会いが無いという心配はありません。

2017年には大幅リニューアルを行い、ますます婚活を本気でしたいユーザーにとって便利なシステムとなりました。また2018年にはアプリのアップデート、料金改定なども行われています。
より良いサービスを提供していこうという姿勢が、最も強く感じられる婚活サイトであると言っても過言ではありません。

 

ブライダルネットはこんな人におすすめの婚活サイト!

ブライダルネットは、恋愛と結婚をまじめに考える婚活サイト。そのため、以下のような人にオススメです。

  • 結婚を前提とした、真面目な恋愛がしたい人
  • 安全対策を徹底しているサービスを利用したい人
  • 結婚相談所や婚活パーティなど、幅広く婚活関連のサービスを運営している会社の婚活サイトを利用したいという人
  • 「真面目な恋愛はしたいけど、まだ結婚は考えていない。」という人には出会いたくない。

 

いずれ結婚もしたいけど、まずは「本気でお付き合いのできる恋人」が欲しい

という方には、恋人探しをメインとしている【ペアーズ】や【ゼクシィ恋結び】がオススメです。本気で恋愛をしたいと考える人たちが集まっているということに変わりはありませんが、目的が「婚活」「恋人探し」のどちらであるのかという点がブライダルネットとは異なります。

 

ちなみに、そのような特徴の差はユーザーの年齢層にも反映されており、例えば【ペアーズ】は20代中心であるのに対してブライダルネット】は30代~40代が中心となっています。

 

ブライダルネットで婚活をする流れ

ブライダルネットを利用して婚活をする手順は、とてもシンプルです。

①まずは無料会員登録
まずはトップページから無料会員登録を行います。

メールアドレスと性別の入力して開始、または住んでいる都道府県を選択しfacebookアカウントから登録することもできます。

入会資格は、男性なら20歳以上で定職に就いている人女性なら20歳以上の独身の人です。既婚者(内縁関係・同棲中を含む)や、離婚予定ではあるがまだ法的に離婚手続きが完了していない人は登録してはいけません。
②理想の相手をさがす
検索機能から、あなたの希望する条件に合う相手を探していきます。
ブライダルネットの特徴の1つに、プロフ写真の質が高いというのがあります。メイン写真の審査基準を設けており、顔がしっかりわかる写真のみ掲載できる仕組みとなっているため、検索画面ではきちんとお相手の顔を見て理想の相手を探していくことができます。


また『日記機能』から気になる人を探したり、『コミュニティ』に参加して価値観のあう相手を探すこともできます。

③気に入った人に「いいね!」を送る
プロフ検索で見つけた人や、日記の内容が気になった人が見つかり、お話をしてみたいなと思ったら「いいね!」を送ってアプローチしてみましょう。
相手のプロフィール画面から簡単に押すことができます。どんどん気軽に使っていったほうがマッチングしやすくなるので、積極的に自分から押しに行きましょう。
④マッチングが成立したらメッセージ交換
相手からも「いいね!」が返ってきたら、マッチング成立!2人はメッセージ交換ができるようになります。
気になることについて、実際にお相手と話してみましょう。
一定数メッセージ交換をすると連絡先交換ができるようになるシステムとなっています。きちんと相手のことを知って、教えてもいいと思えるまでは連絡先交換をしなくても大丈夫なので安心です。

ブライダルネットの安心・安全対策

婚活サイトというのは、インターネットを利用したサービスである以上どうしても以下のような悪意のあるユーザーをゼロにすることが難しい環境にあります。

  • 偽名で登録している。
  • 本当は既婚で、婚活する気は無い。
  • 遊びたいだけ。

あるいは、他のサービスに誘導をする目的で活動している悪質業者も残念ながら一定数は存在します。婚活サイトを選ぶときは、必ずセキュリティシステムや安全対策などについてチェックしてから登録することをオススメします。

さて、気になる【ブライダルネット】ですが、婚活サイトが初めてという人・何に注意すればいいのかわからないという人でも安心して利用できる環境が整っています

具体的にどんな対策がとられているのかチェックしてみましょう。

 

サイトのセキュリティ・安全性について

  • 運営会社の規模…東京証券取引所市場第一部に上場
  • プライバシーマーク…取得済み
  • 会員の質…本人証明提出の義務あり
    ※年齢確認ではなく、名前や証明書の有効性も確認する「本人確認」を行っています。
    ※本人確認ができた人のみメッセージ交換が可能となります。
  • プロフ写真の審査…顔がしっかりわかるプロフィール写真のみ承認

 

プロフィール写真は承認をもらうことのできたものしか掲載されないため、顔がしっかりと映っていないような不適切な写真などはありません。

プロフ写真の掲載を義務付けており、しかもこのように厳しい審査を行っているのはブライダルネットだけです。

 

本人確認書類の徹底

マッチング後、メッセージ交換ができるのは「本人確認」ができている人のみ

この「本人確認」については非常に厳しい基準を設けています。他のマッチングサイトでは書類提出を求めているものの「年齢確認」しか行っていない場合も多く、生年月日以外の項目はチェックがされないところもあります。ブライダルネットの強みはこの徹底度の高さです。

本人確認書類には、運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれかが必要となります。

 

通報システムとサポートセンター

誹謗中傷、嫌がらせ、その他不適切な内容のメッセージを受けたら、プロフ詳細ページの「通報する」ボタンから通報することができます。通報をすると、サポートセンターで内容を確認して対応してくれます。もちろん、通報した人の情報が相手に伝わることはないので安心して利用しましょう。

また、ブライダルネットに関してわからない事、疑問に思ったことなどがあればいつでもサポートセンターから問い合わせをすることができます。

 

ブロック設定

相手からの、プロフや日記の閲覧を拒否することができます。「いいね!」が届くこともありません。

見られたくない相手がいる場合はこのブロック機能を使いましょう。もちろん、相手にはブロックされていることは通知されません。

 

婚シェルからのアドバイス

プロの婚活コンシェルジュ「婚シェル」がサポートしてくれるサービスです。結婚相談所や婚活パーティなど幅広くサービス展開を行っている株式会社IBJにしかできない、特徴的なサービスです。

あなたの婚活に関連した悩み、相談を聞いてくれるほか、第一印象アップのための「プロフ写真撮影会」の案内など幅広くブライダルネットでの婚活をサポートしてくれます。

このサービスの凄いところは、追加料金がかからないところです。このあとすぐ料金についてもご紹介しますが、月額料金のみ・追加料金なしでプロに婚活相談をできるなんていうサイトは他にありません。コスパが良すぎて心配になるかもしれませんが、幅広く真面目に婚活サービスだけを展開してきた株式会社IBJが提供しているサービスなので、安心度も抜群です。

婚活をしていると、周りの人には言いづらい悩みもたくさん出てきます。モチベーションが下がって活動を諦めようか…という気持ちになってしまうこともあるでしょう。結婚相談所と違って、婚活サイトは登録から活動まで基本的にはすべて一人なので相談相手がいないのが普通です。

婚シェルは、そのような婚活サイトのデメリットをカバーするサービスです。結婚相談所ほどの手厚いサポートはできなくとも、婚活の悩み・相談を聞いてくれる窓口があるだけで活動のしやすさはかなり変わります

婚活サイト初心者・あるいは婚活に不安を抱える人に、ブライダルネットを強くオススメしたい理由はこのサービスがあるからなのです。

 

スポンサーリンク

 

ブライダルネットの料金システム

さて、続いて気になる料金についてです。

ブライダルネットには、無料会員(ビジターメンバー)と有料会員(プラチナメンバー)の2種類の会員ステータスがあります。

  • 無料会員だとどこまで利用できるのか?
  • 有料会員になると何が変わるのか?
  • 料金はいくらなのか?

それぞれ紹介させていただきます。

 

登録は0円

ブライダルネットは、無料で始めることができます。

会員登録をする方法については、2種類です。どちらも簡単なので、好きなほうから登録をしましょう。

  • メールアドレスと性別を入力
  • Facebookアカウントの認証

 

無料会員のことを、ブライダルネットでは「ビジターメンバー」と呼びます。
ビジターメンバーでも利用できる機能は以下の通りです。

  • プロフィールの閲覧(ただし写真にはぼかしが入る)
  • 自分のプロフィールの公開
  • 「いいね!」を送る
  • 日記の投稿・閲覧

メッセージのやり取りや連絡先の交換などには制限がかかりますが、どんな婚活サイトなのか?どういう人がいるのか?をチェックするだけなら無料会員でも十分です。

 

無料会員のままでも「いいね!」を送ることができるので、理想のお相手から「いいね!」が返ってきてマッチングが成立したら、その段階で有料会員登録を行うというのもアリ。

以下の記事で紹介している婚活サイトは、すべてブライダルネットと同じように会員登録無料となっているので、いくつか登録してみて最も良いと思ったサイトで有料会員になるというのも良いでしょう。

 

 

有料会員(プラチナメンバー)との違い

有料会員になると、無料会員の時には制限がかかっていた機能がすべて開放されます。

  • 写真の閲覧(ぼかしが取れる)ができる
  • メッセージ交換が無制限にできる
  • 連絡先の交換ができる
    ※メッセージのやりとりを一定数行ったあと可能になります。

本気の婚活をするためには、メッセージ交換は必須です。ブライダルネットで本気の婚活をしようと心に決めたらプラチナメンバーになりましょう

 

料金表(※2018年7月より改定)

ブライダルネットでの活動費用は男女同額です。

婚活サイトの月額料金は、通常3000円~4000円ほど。
ブライダルネットの場合は長期プランだとかなりお得です。

 

性別に関係なく、きちんと同じサービスに対して同じ会費を支払うというシステムだからこそ、男女ともに結婚に真剣な人が集まりやすくなっています。

恋活・婚活を目的としたマッチングサービスには、女性会員がすべてのサービスを無料で利用できるものも多くあります。積極的に多くの女性に集まってもらうためには良いシステムではありますが、その分とても気軽に登録ができてしまうため真剣度の低い会員ばかりとなってしまうというデメリットもあります。

そのようなことが起こらないようにするための、男女同額システムです。追加料金は一切ありません。

 

なお、支払い方法はクレジットカード決済、または後払い(コンビニ・郵便局・銀行)になります。

 

休会制度

  • 仕事が忙しくなってしまった
  • 交際成立したものの、将来にまだ確信が持てない
  • その他の事情でいったん婚活をお休みしたい

このような人のための、休会制度があります。

休会中はプロフィールが非表示となり、ほかのメンバーから閲覧されることはありません。自分のメンバーデータ・活動データなどは保存され、再開するときに改めてメンバー登録をしたりプロフィールを作成する必要がなくなるので非常に便利です。

休会を希望する場合は、ログイン後にマイページの「休会」から手続きをしましょう。

※休会制度を利用できるのは、プラチナメンバーのみです。

 

ブライダルネットで結婚につながる恋を。

ブライダルネットの魅力をまとめてみました。

  • 運営会社がIBJメンバーズである。
    結婚相談所等も運営しており、婚活のノウハウをしっかり持っている企業が運営しているサイトである。
  • コスパが良い。
    月額料金が安く、追加料金なしでプロの婚シェルを頼ることができる。
  • 実績がある。
    月間カップル成立数は毎月1万人前後!

 

婚活サイトはたくさんありますが、ブライダルネット】は本気で婚活をしようと考えている人に是非とも試してみてほしいとオススメできるサイトです。登録は無料なので、気になる方は実際に会員登録をしてサービスを体験してみてください。

口コミが気になる方は、以下の記事も参考になるかと思います。リアルな声を集めた記事です。

ブライダルネット公式HPはコチラ

https://www.bridalnet.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました