ブライダルネットのプロフィール検索で理想の相手を見つける最強手順

Pocket

インターネットで出会った相手とお付き合いし、結婚する人というのも当たり前の時代となりました。結婚相談所や婚活パーティなど、出会いの場を提供するサービスというのは沢山あります。その中でも今の時代、特に注目すべきなのが「婚活サイト」の存在です。

婚活サイトというのは出会い系やマッチングアプリとは違って、『本気で結婚をしたいと望んでいる人が、真面目な婚活をするための場所』です。仕事で忙しかったり、結婚相談所が近くに無くて通いづらいという人でも気軽に始められる婚活のツールとして多くの人が利用し、成婚を掴んでいます。

 

今回は、その中でもは、大手結婚相談所や婚活イベントなどを幅広く出会いに関わる運営する株式会社IBJが展開している、登録無料の婚活サイトブライダルネット】の検索機能について徹底的に見ていきます

 

検索機能というのは、ブライダルネットへの会員登録をしたあとお相手を探していくときに、最も頻繁に使うことになる機能です。

これの使い方が間違っていると、

  • 自分が理想とするお相手を見つけられない。
  • 相手から「いいね!」をもらうことができない。
  • 良い人が見つからないまま時間ばかりが過ぎていく。

などの失敗に陥ってしまい、どんなに真面目に活動しようという気持ちがあったとしてもスタートラインにすら立つことができない状態が続いてしまう可能性があります

 

そこで、このページでは「理想のお相手をしっかり見つけ出すためには、どのような手順で検索機能を使うのが最も効率的なのか」について、無料会員と有料会員の違いについても紹介しながらわかりやすく解説していきます。

ブライダルネット公式HP

https://www.bridalnet.co.jp/

 

スポンサーリンク

 

無料会員と有料会員の違い

あなたが本気でお相手を探そうと考えているならば、お相手の理想像は「自分と同じくらいのレベルで危機感や焦りを抱えており、本気でしっかり活動する意思を持っている人」なのではないでしょうか。

そのような人であればきちんとメッセージ交換を行い、初デートにも足を運び、あなたのことについて「どんな人なのだろう?」と興味を持って話してくれる可能性が高いと考えられますよね。

 

検索機能でお相手を探する前に、まず知っておいてほしいのが会員ステータスの違いです。無料会員と有料会員では、ブライダルネットを通してできる事の幅がかなり違います。

  無料会員 有料会員
プロフィール検索
写真ボカシ有
いいね!を送る(マッチング)
メッセージ
1通だけ送信できる
日記の投稿
写真の添付不可
コミュニティ参加
オフ会参加不可

 

 

無料会員(ビジター)のできること

無料会員(ビジター)でも幅広く機能は使うことができますが、制限がついてしまいます。

  • プロフィール検索
    :画像にボカシが入るため、鮮明に見ることができず相手の顔・雰囲気が分からない。
  • メッセージの送信
    :マッチングしたお相手1人につき1通のみ送信可能。相手から受信したメッセージを読むことはできない。
  • 日記の投稿
    :文章のみ投稿できる。写真を添付すること等はできない。
  • コミュニティへの参加
    :コミュニティごとに開催されるオフ会への参加はできない。

 

本気で活動するなら有料会員登録は必須であると考えられますが、気になるお相手に「いいね!」を送ることは可能なので、マッチング成立までは無料会員のままでも一応たどり着くことはできます。

しかし、メッセージ交換からは制限が厳しくなるため、あなたがもし本気で婚活をしたいと思っているならば初めから有料会員で活動するのがオススメします。

 

理由は2点。

  • 写真の印象はとても大切。最初から見れる状態にしておいたほうが効率よく婚活ができる。
  • ブライダルネットは他社と比べてコスパ最強である

 

  ブライダルネット ゼクシィ縁結び Match.com
1か月 3,980円/月 3,980円+税/月 3,980円/月
3か月 2,880円/月
(一括8,640円)
3,600円+税/月
(一括11,664円)
2,793円/月
(一括8,380円)
6か月 2,160円/月
(一括12,960円)
3,300円+税/月
(一括21,384円)
2,467円/月
(一括14,800円)
12か月 1,650円/月
(一括19,800円)
2,400円/月
(一括31,104円)
1,759円/月
(一括21,000円)
女性 有料 有料 有料

 

結婚相談所に登録すると入会金だけでも高くて20万~30万円、活動費用も含めると総額で50~60万円かかることもあります。婚活パーティは男性の場合、1回の参加費で5000円程度かかります。

 

その点、婚活サイトは月額料金のみで制限なしに「お相手を探すところから、デートの約束を取り付けるまで」の活動をすることができます。

もちろん、デートの約束をしたらデート代(飲食代・洋服代など)がかかってきますが、「出会うまで」ではなく「出会った後」にお金をかけられるというのが魅力的なところです。

 

その中でもブライダルネットは、サポートの充実度・サービスの幅広さで高い評価を受けていて、この安さ。

有料登録をしないまま活動するなんて、ぶっちゃけ時間の無駄ですね。

 

有料会員(メンバー)のできること

有料会員になると、無料会員の時には制限されていた機能がすべて開放されます。メッセージのやり取りは人数・回数無制限。写真は鮮明に見ることができるし、日記に写真を投稿してアピールしたり、コミュニティごとに開催されるオフ会にも参加できます。

そしてなにより、追加料金一切なしで婚シェルからサポートを受けられるようになります。これは他の婚活サイトには真似することができない、ブライダルネットの最大の特徴ともいえる機能です。

 

ブライダルネットは直営結婚相談所や婚活パーティなどのサービスも全国で幅広く運営している、株式会社IBJが運営しているサイトです。婚活に関する知識・ノウハウについては言うまでもありません。

 

また、ほかのユーザーからの目線も変わります。

この人は有料会員だから、本気で真面目に婚活をしている人だ!

と認識されるようになります。

 

これが、検索機能でお相手を探す時の重要な目安にもなってきます。つまり「本気で婚活をするなら、お相手は有料会員に絞って探すのが最も効率的である」ということです。

 

ブライダルネットの検索機能を使いこなす3つの手順

ブライダルネットでは、毎月1万人以上のユーザがカップル成立となっています。つまり「ユーザーの入れ替わりが激しい」ということ。

日々ユーザーが入れ替わる中で理想の相手を探し、ほかの誰かにとられてしまう前に行動をするためには、以下のポイントを押さえてお相手探しをするのが最も効果的です。

 

ポイント①
検索機能を120%使いこなし、短時間で効率的に探していく。

ポイント②
プロフィールの中身から、その人が本当に「自分の理想とするお相手」であるのかを的確に判断する。

 

それぞれについて、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

ポイント①プロフィール検索を使いこなす

まずはポイント①検索機能を120%使いこなし、短時間で効率的に探していくに着目してみましょう。

検索機能を使いこなすには、「どの条件に絞って検索をかければ理想の人が出てくるのか」を知ることが近道となります。

そこで、ここでは絞るべき条件をピックアップしました。人それぞれ優先したい条件は異なるはずなので、重視するべきポイントについて知りながらあなたにぴったりの検索条件を絞り込んでいきましょう。

 

有料会員に絞って探す

相手を探す時は「有料会員(プラチナメンバー)」のステータスに絞って探しましょう。ブライダルネットでの婚活意欲が高いと考えられるからです。

ブライダルネットの月会費は、男女同額。 無料会員でもある程度活動をすることはできますが、マッチング後にメッセージ交換をするなど本格的な活動をするためには性別に関係なくすべての人が有料会員になる必要があります。

他のサービスだと女性無料のところもありますが、ブライダルネットは男女関係なく一律料金となっているので安心です。

 

本人証明が提出済みの人から探す

本人証明書類を提出し本人確認が完了している人でないと、メッセージ交換・日記の投稿とコメント・コミュニティの投稿とコメントをすることができません。たとえ有料会員であったとしても、本人確認が済んでいない人とマッチングしたとしてもメッセージ交換ができないのでできれば避けたほうが良いでしょう。

また、自分も本人証明が済んでいない場合は今すぐ行うことをオススメします。ほかのユーザーもあなたと同じように「本気度の高い人とマッチングしたい」と考えているからです。

方法はとても簡単で、ログイン後にマイページから「本人証明を提出する」を選択し、運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか1点の画像をアップロードするだけです。サクッと済ませてしまいましょう。

 

条件検索の範囲は広く設定する

ブライダルネットの条件検索では、細かく相手のステータスについて条件を選んでいくことができます。年齢・職業・年収・身長・最終学歴・写真掲載の有無・本人確認などから、自分の理想に沿った条件をピタリと設定することができます。

検索画面では相手と自分の共通点の個数も見ることができるので、この数字も参考にしながら理想のお相手を探していくと良いでしょう。

 

あまりにも範囲を狭めてしまうと該当者数が少なくなりすぎてしまい、良い出会いに結びつかなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

仕事の都合上、引っ越しはできないから地域は限定して探すという点は譲らない。でも、年齢については妥協して幅広く設定しよう。

婚活をする人ならば一度は必ず考えるべきことですが、「相手に求める条件の中で、絶対に譲れないものは何か?」をしっかりと考えた上で検索機能を利用すると良いでしょう

年齢などは、1歳違うだけで該当人数が100人以上変わってくることもザラにあります。

 

※2018年4月最新情報:新サービス「オフ会」について

2018年4月より、各コミュニティではプラチナメンバー限定の「オフ会」を開催するサービスを本格的にスタートしました。本格スタート直後の2018年4月・5月に開催された例は、以下の3つです。

  • 映画好きによる映画好きのためのオフ会
  • ブックカフェをまるごと貸し切りオフ会
  • カメラ初心者歓迎!写真を撮りながら出会うオフ会!

このオフ会サービスはまだ始まったばかりで口コミ・評判はほとんど出ていませんが、今後どんどん開催数が増えていく予定です。婚シェルからのサポートを受けることができるので、婚活パーティなどに参加したことが無い人でも安心です。

人数・性別に関係なく、参加している人であれば誰とでも連絡先交換ができるというのがオフ会の魅力。理想のお相手を見つけることができなかったとしても、「同性の婚活仲間」「同じ趣味を持つ仲間」に出会えるかもしれません。

オフ会について、より詳しく知りたい方はコチラ

 

 

ポイント② 検索結果から、理想のお相手を見つける

理想の相手を探すためには、検索をしたあとその人のプロフィールを見て判断する必要があります。しかし、1人ひとりのプロフィールを何も考えずただ読むだけでは時間がかかりすぎてしまいます。

効率的に進めるためには、プロフィールのどの部分をチェックするかを決めてから相手のプロフィールを見るようにするのがベストです。

チェックすべきなのは、以下の5点。

  1. 共通点の個数
  2. プロフィール欄の埋まり具合
  3. 自己PR文
  4. 写真(メイン・サブ)
  5. 証明書の提出状況

 

①共通点が多い

ブライダルネットの条件検索では、相手と自分と共通点いくつあるのかをプロフィールの入力済み項目をもとに表示してくれます。出身地や生まれ年、参加しているコミュニティなどが共通である場合にカウントされます。

 

心理学用語に、「類似性の法則」というものがあります。これは、趣味や境遇など相手と似ている部分があると、相手に対して親近感がわいて距離が縮まるというものです。

共通点が多ければ多いほど、この類似性の法則によって「まだメッセージ交換すらしたことがないのに、ほかの人に比べて親近感が沸き話しやすい!」となる可能性が高いので、共通点の数が多い人のプロフィールは必ずチェックしましょう。

 

ちなみに、デートなどで相手から好かれるためのテクニックとしてミラーリングというものがあります。
これは類似性の法則を応用したもので、相手の動作や声のトーン、会話の調子などを真似ることによって相手の緊張を解き、居心地のいい楽しい空間であるという風に認識させ、好意を抱かせるというものです。ビジネスで取引先との信頼関係を築くためのテクニックとしても使えます。

 

②プロフィール欄がたくさん埋まっている

本気度の高い人・活動意欲のある人は、より自分とぴったりと価値観の合う人を探すためにプロフィールはなるべくすべて埋めるようにしている場合が多いです。しっかり埋まっているかどうかを、さらっと中身をチェックしつつ見ておきましょう。

(※未入力・非表示設定にしてある場合は表示されていないので、見ることができません。活動停止中の人に多いです。)

 

③自己PR文の印象が良い

相手の自己PR文が、丁寧に書かれているかどうかをチェックしましょう。

文章を考えるのが面倒だからという理由であいさつ程度のコメントしか書かれていないような人から、自分が理想とする条件を詳細に書いている人まで様々です。
人物像が具体的にイメージできたほうが親近感が湧きやすくなり、自分と価値観の近い人からのいいね!をもらえる可能性が高くなるため、婚活に対する本気度の高い人ほど「自分がどういう人で、どんな人と出会いたいのか」をきちんと表示しています。

 

特に、価値観について書かれていたらラッキーです。

人それぞれ、恋愛・結婚に対する理想を持っていると思います。婚活では、自分の価値観に合う相手を探していくことが大切ですが、恋愛観・結婚観が合わないと交際がうまくいきません。

  • 仕事…共働きがしたい/専業主婦になってほしい/専業主夫になりたい
  • 休日…一人でゆっくり過ごす時間も欲しい/なるべく一緒に過ごしたい
  • 同居…付き合い始めたら同棲したい/しばらくは別居のままお付き合いがしたい

このようなことが書かれていると、相手の本気度も分かるので安心です。

 

④写真の印象が良い

写真は、検索結果などにも表示されるメイン画像と、プロフィールを開いたあと小さく表示されているサブ画像の2種類を見ることができます。無料会員(ビギナー)の場合、すべての写真にぼかしが入るので鮮明に見ることができません。きちんと見たいという人は有料会員登録を行いましょう。

メイン画像は1枚、サブ画像は最大9枚まで登録することができます。
顔写真を何枚かアップしている人もいれば、趣味など自分の身の回りに関連した写真をのせている人もいます。

見た目で判断をするというわけではありませんが、やはりその人の「雰囲気」というのは大切です。特に婚活となると、将来一緒に生活をして人生をともに歩む相手を探さなければなりません。見た目から伝わる雰囲気というのは、一緒にいたいと思える人を探すための大切な判断材料の1つなのです。

 

ちなみにブライダルネットのメイン画像は高い審査基準を設けており、顔がわかりにくい写真については審査が通りません。アップロードをしたあとスタッフさんが1枚ずつ審査をしたあとにプロフィールへ反映される仕組みとなっていますので、自分のメイン画像を設定する時も写真選びには気を付けましょう。

また、顔写真を載せたくない人の中には、メインは設定せずサブ画像のみ何枚かアップしている人や「メッセージ交換で自分の顔写真を送る」という方法をとる人もいます。メイン画像が設定されていないから対象外!という風にしてしまうと勿体ないので、よほど顔重視でない限りは写真よりも共通点の多さやプロフィールの中身を重視することをオススメします。

 

⑤証明書が提出されている

ブライダルネットでは、メッセージ交換や日記の投稿をする前に本人確認を必ず行っています。運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか1つをスキャン(カラー)、または撮影した画像の提出をしなければなりません。

これを行っている理由は年齢が18歳以上であるかの確認をするため、また他人になりすまして登録されていないかどうかを見極め、悪意のあるユーザーが活動するのを阻止するためです。

本人確認が済んでいるかどうかは、プロフィールから確認することができます。本人確認ができない、つまりメッセージ交換ができない人は、婚活に対する本気度が低い人であると判断されてしまうので、もしまだ済んでいないという人は早めにマイページの「本人証明を提出する」から済ませてしまいましょう。

 

まだ登録していない人へ:ブライダルネット「おためし検索」を使ってみよう

ブライダルネットの公式サイトには、「おためし検索」という機能がついています。

まだ無料会員登録すらしていないという人でもこの機能は使えるので、もし登録を検討しているという方は自分が理想とするお相手の条件でおためし検索を使い、何人が該当するのかチェックしてみてください。性別・年齢・住まいを設定し、検索をすることができます。

また、様々な婚活サイトがある中、ブライダルネットの利用者層は

  • 年齢:30代が中心
  • 年収:男性400万円以上、女性300万円以上が多数

となっています。このようなデータを参考にしながら、ブライダルネットに登録をするかどうかを検討すると良いでしょう。

「ブライダルネットはあまり自分の理想とする条件に合う人がいなさそうだ」と感じたら他の婚活サイトも検討してみることをオススメします。サイトごとに特徴が異なるので、自分にぴったりの婚活サイトを見つけるのが成功への近道です。

以下の記事では、安心して利用できる大手の婚活サイトの特徴やユーザー層、料金などについて紹介しているのでこちらも参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

婚活のメインとなるのは、理想のお相手と出会った後のデートや交際期間です。出会いにばかりこだわっていると、どんどん時間が過ぎていってしまいます。

効率よく、確実に出会い、交際期間に十分なお金と時間を費やすためにも、検索機能はしっかり使いこなしましょう!

ブライダルネット公式HPはコチラ

https://www.bridalnet.co.jp/

 

Pocket

おすすめ婚活サイトランキング

30代・40代男性におすすめの婚活サイトを徹底調査!
料金・ユーザー層・システムの安全性などを総合的に評価し、いま最も注目度の高いサイトを厳選しました。