デート

婚活失敗?アラフォー男性が良い出会いに恵まれない理由と見直しポイント3つ

この記事は約4分で読めます。
アラフォー男性から婚活の話を聞いてみると
 
・もう何年も活動をしているのに良い人に出会えない
・いろんな女性とデートをしてきたけど、素敵な人はいない
 
なんていう声を聞くことがあります。
 
しかしこれにはきちんと理由があり、改善ができるものです。
諦める前にもう一度見直しておきたいポイントをご紹介します。
 
 


 
 
 

①婚活で使用しているプロフィールを見直す

まずは1つ例をご紹介します。
以下のプロフィールは同一人物のものです。
より好感度が高くなるのはどちらでしょうか?
 
 
 
正解は例1のほうです。
 
例2の悪いポイント
 
・写真登録数が少ない
・プロフィール内容の記述に具体性がない
・人物像がイメージできない
というところです。
 
 
具体的にわかりやすく、人物像をイメージできるようなプロフィールを目指しましょう。
 
また、写真写りも印象を左右するポイントになります。適当な写真ではなく、きちんと自分らしさの出ているもの、写りのいいものを選んで使うようにしましょう。
 
 
 

②「とりあえず受け入れる」はダメ

メッセージのやり取りを始めたけれど、なんだかイマイチ。
そのままダラダラと連絡を続け、一応デートの約束を取り付けて会ってみたけれどやっぱりあまりピンとくる相手ではない。
 
そんな相手のことを受け入れてずっと連絡を取り続けても、おそらくお付き合いには至りませんよね。その人にかけた時間やお金は、残念ながら無駄になってしまいます。
 
そうならないよう、期待が持てない相手とダラダラ連絡を取り、形式上ずっと受け入れておくという姿勢はやめましょう。
可能性がない相手との連絡を取るよりも、まだ可能性が未知数である新しい相手を探すほうが未来にはつながっていく行動になります。
 
しかし、「微妙だなぁ」という出会いばかりが続いて全くうまくいかない場合は、次の③が原因である可能性がとても高いです。
 
 
 

③そもそも本気度が低い

一番最初に相手の粗探しをしてはいませんか?
ダメなところばかり見て相手の魅力に気づかないまま離れていませんか?
 
本気で恋人を探している人は
「自分が魅力的だなと思える人を探す
つまり、良いところがたくさんあふれている人を探そうとします。
 
そのため、見えてくるのは相手の魅力ばかり。
たまに悪い部分が見えても「それも含めてこの人なら愛せる」と思えるかどうかで考えているはずです。
 
 
それに対して本気じゃない人の思考は
「この人はここがダメだから自分の理想に合わない」
と、プロフィールを見て1つでも自分の描く理想に反するところがあると、すぐ相手から離れてしまいます。
 
 
これは「条件に合う都合のいい人」を探そうとしてしまっているからです。
「人間としての完成度」しか見てないのです。
 
 
当たり前ですが、人間というのは成長・変化する生き物です。
 
生活する中で時間経過とともにその人を囲む環境も変わっていきます。
1つの出会いで劇的に性格が変わる人もいれば、何かそこからきっかけを掴み急成長する人もいます。その場の都合の良さが、その先もずっと続くとは限らないのです。
 
 
相手の現状と自分の理想だけで決めようとする。
それって本当に「本気の恋愛・婚活」と言えますか?
 
 
人生を共に歩むパートナーは、その程度のものではありません。
その先何年も共に過ごす人を探さなければならないのですから、なにか悪い部分が見えてもそれを許せるくらい、たくさんの魅力を見つけられるような人でないといけないのです。
 
粗探しではなく、魅力探しをしましょう。
 
 


 
 
 
 

活動場所を変えてみるのもアリ

ずっと同じ場所で恋活・婚活をしている方は、活動する場所を変えてみるのもアリかもしれません。
 
・インターネット(マッチングサイト)
・婚活イベント
・相席屋
・友人・知人からの紹介
 
 
もし挑戦したことのない活動があれば1度やってみましょう。
自分に合う婚活を見つけることができるかもしれません。
また、マッチングサイトや結婚相談所を利用しているのであれば利用サービスを変えてみたり、新たに登録して併用してみるのもおすすめです。
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
見直すべき婚活への姿勢をチェックして、
素敵なパートナーと出会えるようどんどん行動を起こしていきましょう。
 
タイトルとURLをコピーしました