デート

ドライブデートのメリット・デメリット3選!初デートには向かない理由は?

この記事は約7分で読めます。

デートの王道であり、よく発生しがちなシーンでもあり、
それなのに注意点は多くてハードル高め

それがドライブデートです。

マイナスポイントの目立ちやすいこのデートを成功させる秘訣は何なのでしょうか?
ドライブデートのメリットとデメリットを踏まえて、注意すべきポイントをご紹介します。

 

 

 

ドライブデートのメリットは?

①遠出に便利

ちょっと山の奥にある温泉や、電車やバスだと行きにくい絶景スポット。公共交通機関じゃ行きにくい少し遠めのデートスポットは多数あります。

車が一台あればそれだけで行ける場所の範囲がグンと広がる
最大のメリットは間違いなくこれです。

また、旅行や泊りがけであれば荷物も多くなりますが、
車ならそれも気にせず計画を立てることができます。
荷物を運ぶエネルギーについて考えなくても良くなり、フットワークを軽くしてくれるため、体力的・精神的余裕も生まれます。

 

②2人の時間をまったりと楽しむことができる

くだらない話でも、真剣な話でも、長時間2人きりで話をする時間を作りやすいのがドライブデートの良いところ。
普段は忙しくてあまり話す時間がないカップルには大切なコミュニケーションの時間になります。

また、車なら寄り道などもしやすいですよね。
ドライブの途中に気になるお店へ立ち寄ってみるのもアリです。その場で何かを調べて予定外の場所に行ってみるなど臨機応変に動けるのも楽しみの一つ。

普段の生活やデートの中ではあまり聞かないような、相手の趣味のディープな話をドライブをしながら車内で聞く。ついでにその話と関係ある場所へ、ふらっと行ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

意外な一面を見れる絶好のチャンスです。
自分は特に関心がないから、だなんて聞かずにいるのはもったいないこと。
積極的に相手の世界を覗かせてもらいましょう。

 

③居心地の良さを再確認できる

狭い密室空間である車内では、どんなに頑張って話題を振り続けても必ず沈黙する時間が発生するでしょう
ある程度距離が縮まった関係性の2人なら、その沈黙も特に緊張することなくリラックスして過ごせるはずです。

恋愛の初期段階ならではの、心臓がドキドキするような緊張してしまう雰囲気ももちろん良いものです。

しかし、やはり「付き合う」となるのであれば居心地の良さが最も大事なところ。安心して隣にいられるというのは大切なことなのです。

 

ドライブデートのデメリット

①初デートではなるべく避けるべき

狭い密室空間は、まだきちんと関係性をつくれていないような2人にとってストレスのある場所になってしまいます
たとえお互いのことを好いていることが明らかだったとしても、2人でいる時に緊張感がまだ抜けないのであればドライブデートは避けましょう。

緊張からくるストレスは、かなり精神的負担も大きく疲労を伴います。
また疲労はイライラの原因にもなります。

ちょっとした渋滞ですぐにイラついてしまったり、運転が荒くなってしまったらドライブデートは最悪です。

ましてや初デートでそんなところを見せてしまっては台無しですよね。
何回かデートを重ね、互いに緊張感なく過ごせるくらいになってから誘うようにしましょう。

 

②運転に慣れてない人は避けるべき

「運転に自信がなくても構わないよ!慣れれば上手になるし!」などと言ってくれるような彼女とのデートではない限り、運転をあまりしないという方はドライブデートは避けましょう。

デートで最も大切なのは2人で楽しむこと。
慣れない運転で疲れてしまって、楽しくなくなったら意味が無いのです。
また、安心感の持てない運転をする人の助手席に座るというのは非常に緊張するものです。
安心して乗っていられないような運転しかできないのであればやめましょう。

 

③最も素の性格が出やすいデートである

  • 車内の掃除が行き届いているか、ニオイ対策がされているか?
  • 運転に疲れた時や、渋滞にハマった時にどういう性格が出るか?
  • どのような運転をする人なのか?

ドライブデートでは至る所であなたの「素の性格」が表に出てきやすくなります。これは運転の得意・不得意に関係なく出てくるものです。

ハンドルを握ると性格が変わるとまでは行かずとも、運転に集中力を奪われる分いつものような余裕や優しさがなくなってしまう人は多いでしょう。

素の自分のことを見せても大丈夫!というくらい親密な関係になれているなら問題ありません。
しかし、初デートや、数回目のデートで互いの空気にぎこちない感じが残っている場合には、ドライブで発覚するマイナスポイントの影響力を極力受けないようにするためにも避けたほうが無難かもしれません。

 

 

 

 

 

男性がドライブデートで注意すべきポイント

メリット、デメリットをそれぞれ3つご紹介してきました。

デメリットの3つに共通するのは「助手席の彼女を危険にさらしたり、怖い思いや、嫌な思いをさせてしまう可能性がある」という点です。

どのようなポイントに気を付ければ、これらの可能性を少しでも減らすことができるのでしょうか。

 

①トイレへの気遣い

体の構造上、男性よりも女性のほうがトイレを我慢するのが苦手です。
また、女性は生理などもあるのでお手洗い事情が男性とは全く違います。

しかし、どうしても「トイレへ行きたい」とはなかなか言い出しづらいものです。
トイレのあるコンビニの近くを通るときや、パーキングエリアに近づいた時など、
お手洗いに行けるチャンスがある場所では彼女に声掛けをしてあげましょう。

 

②BGM

自分が全く興味のない音楽をずっと聴かされるのはストレスです。
逆に、好きな音楽というのは心をリラックスさせてくれる効果があります。
ドライブのBGMにかける音楽を、自分ひとりの趣味で決めてしまうのはできれば避けましょう。

  • 音楽ではなくラジオを聴く。
  • いくつか準備しておいた音楽の中から彼女に選んでもらう。
  • デートの最初にレンタルショップへ行って二人でその日聴くCDを借りる。

上手に使うことができればこれも一つのコミュニケーションツールになります。
緊張をほぐしたり、居心地のいい雰囲気づくりにも役立つでしょう。
2人のデートがより楽しいものになるようなBGM選びをしてみてください。

 

③相手を気遣う優しい運転

  • 渋滞にハマっても焦らない
  • 急発進や急ブレーキはやらない
  • スピードの出しすぎに気を付ける
  • 時間を守ることよりも、交通ルールと安全を守ることを優先する

片手ハンドルでの車庫入れや、スピードの緩急が激しいメリハリある運転は、別にかっこいいものではありません
むしろ「かっこつけてるところ申し訳ないけど、全然乗り心地の良い運転じゃなくてガッカリ」となります。

カッコつけちゃってるところにも冷めるし、運転技術にも冷められたら、あなたの評価は減点されまくりです。
それだけでデートが全然楽しいものではなくなってしまいます。

 

また、通常であれば時間にキッチリしている人というのは好感が持てますが、運転となれば話は別。
余裕をもって出発したつもりだったのに渋滞で時間が…となってしまった時に、無理な運転をするのはNGです。
大切なのは「助手席にいる彼女が安心して乗っていられる」ということ。
つまり交通ルールを守り、安全な運転をすることです。

心に余裕をもって、彼女と2人の時間を楽しめるドライブデートにしましょう。

 

 

おまけ小話

筆者(24歳・女)は、数あるデートの中でも特にドライブデートが好きである。

車が好きなわけでも、運転ができるわけでもない。
むしろ車種なんて有名どころすらよく知らないし、運転免許証はただの写真付き身分証明書にしかなっていない。
そんな私がどうしてドライブデートが特に好きなのかを勝手に語ってこの記事を締めくくろうと思う。

 

ドライブデートの好きなところ

  • 相手の車の助手席に乗るのは、一人暮らししてる家にお邪魔するのと同じ感じ。プライベート空間に入ることを許可してもらえた気分になりとても嬉しい。
  • 行き当たりばったりで、道に迷うことさえドライブデートは楽しい。失敗を恐れずとにかく楽しく運転してくれる彼氏の横顔を見ていたい。
  • 知らない道に入り、知らないお店を見つけるのが楽しい。雑誌にもネットにも情報があまり無さそうな個人経営のカフェやラーメンやを見つけられたら最高である。
  • 特に海沿いのドライブは気持ちが良いし景色もきれいなので好きである。わざと帰りに遠回りして海岸を走ってから家まで送ってほしい。
  • 運転が上手な人とのドライブデートがやはり一番だ。安心して助手席に乗っていられるからこそ、車窓からの景色と彼氏の声を楽しめる。
タイトルとURLをコピーしました